2010年04月17日

群馬の1100万年前地層で発見 化石は新種のヒゲクジラ類(産経新聞)

 群馬県立自然史博物館(富岡市)は16日、同県高崎市の約1100万年前(後期中新世)の地層で平成14年に発見された化石が新属新種のヒゲクジラ類と判明したと発表した。博物館によるとヒゲクジラ類の新属の発見は国内で3例目。

 桐生市のアマチュア研究家でみどり市職員、清水勝さん(41)が高崎市吉井町の鏑(かぶら)川で発見。清水さんの名前などから「ジョウモウケタス・シミズアイ」と命名された。

 化石は長さ約75センチの頭部や背骨など。博物館が既存の化石や標本などと比較し、ヒゲクジラ類ですでに絶滅した「ケトテリウム科」の新属と確認した。体長は約4メートルと推測した。

 博物館の木村敏之学芸員によると、クジラは進化の過程で鼻骨の位置が顔の前面から頭頂部側に移っていく特徴がある。今回の化石は中間的な段階にあることが確認できるという。

 横浜国立大の長谷川善和名誉教授(古脊椎(せきつい)動物学)は「クジラの進化を調べる上で、非常に貴重な資料になる」としている。

 発見者の清水さんは「自分の名前が残るのは一生に一度あるかないか。化石の研究に貢献でき、非常にうれしい」と喜んでいる。

【関連記事】
かつては深い海だった…宍道湖からクジラの化石
「生きた化石」公開 えら5対、半透明の新種貝
野尻湖で26年ぶりにナウマンゾウの牙先端出土
クジラ提供すし店閉店 アメリカの交錯した建前と本音
「映画観てる場合か」ヒゲの隊長、路チュー大臣に喝!
外国人地方参政権問題に一石

スイング時の火花が芝に引火! 宮城のゴルフ場で900平方メートル焼く(産経新聞)
知的障害児施設で虐待、身体拘束など441件(読売新聞)
「米国に過剰に遠慮」=普天間移設、政府を批判−社民・照屋氏(時事通信)
子供のライター遊び防止へCR機能 規制浸透に時間 親の注意は不可欠(産経新聞)
<大阪・寝屋川の女児虐待死>全身に20カ所以上の傷 (毎日新聞)
posted by ミヤハラ ヨシオ at 10:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。