2010年04月13日

雑記帳 小遊三、たい平両師匠の古里対決“場外”でも(毎日新聞)

 テレビ番組「笑点」で互いの古里自慢を繰り広げる山梨県大月市出身の三遊亭小遊三さんと埼玉県秩父市出身の林家たい平さんが6月6日、大月市民会館で“激突”する。題して寄席「笑いの対決」。

 小遊三後援会が主催し市が後援する。両市とも首都圏にほど近く、面積の8割以上を森林が占める小都市。「大喜利」では小遊三、たい平両師匠による「大月・秩父代理戦争」が名物になっている。

 当日は両市長も“参戦”予定。石井由己雄・大月市長は「秩父はセメント会社のイメージ。交通の便は大月がはるかに良い」と先制攻撃。問い合わせは同会(0554・22・4811)。【福沢光一】

【関連ニュース】
遊ナビ:寄席 /東京
林家木久扇:師匠急死を回顧 「ショックでしたねえ」
落語:円楽襲名興行 笑点メンバーが爆笑あいさつ
林家こん平:絶叫「チャラ〜ン!」が戻ってきた
落語:毒舌飛び交う披露公演に六代目新円楽は涙

女性の全身に打撲痕…名古屋・集団暴行死(読売新聞)
医師会に配達の鉢植え出火、自然発火の可能性(読売新聞)
JR不採用 国労、解決案受け入れへ 12日に正式合意(産経新聞)
3日で2度、窓にひび=国交省所有のボンバル機−ヒーター故障で過電流? (時事通信)
公明・遠山氏が繰り上げ当選 神崎元代表辞職で(産経新聞)
posted by ミヤハラ ヨシオ at 23:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。